読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waramarogu’s blog

心を揺さぶられた経験と思いを、皆さんに伝えたい

ブログと匿名のネガティブコメント

このブログを始めて1ヶ月弱。僕は他の人のブログをじっくり読むことが少ない。たまにバズってる記事一覧を眺めて、目を引くタイトルのものがあれば読んでいる程度だ。

はてなブログは交流が強みのようなので、もっと様々なブログを読んで「いいね」やコメントすれば、交流が深まったりするのだろうけれど。つい書く方に集中してしまう。結果、アクセスがなくて少し寂しいが、まだしばらくはこの調子で続けると思う。

「はてなブログ」の雰囲気

ところで「はてなブログ」には、他のブログと比べてネガティブな人が多い印象がある。バズったブログを見ていると、大抵批判したコメントが散見されて、あまり気持ちの良いものではない。と、前々から思っていたのだが、似たたようなことを書いている記事を見つけた。

ここで言われているとおり、「匿名であること」は大きな要因だろう。はてなブログに限らず、Twitterもそうである。FacebookやInstagramとは違い、ガチの本音で語られる。時には面白い意見も出て盛り上がるものの、幼いユーザーや悪意のあるユーザーなどからは辛辣なコメントも飛ぶ。

他のブログも匿名だけど

他のブログも匿名といえば匿名だが、雰囲気は全然違う。これは運営の違いというより、ユーザー層の違いだろう。前に少しLINEブログをやってたときは、普通に可愛い女子たちがキャッハウフフとコメントしてくれて驚いた。はてなで書いているよりは確実に女の子とはお近づきになれるので、人によってはそちらをオススメする。

そういう意味では「はてなブログ」(とりわけはてなブックマーク)は、LINEやAmebaのような、女子や学生の馴れ合い的な雰囲気(悪い意味ではなく)が薄い。そのため、より匿名性が強いように感じる。また、ブックマークによるコメントもしやすく、Twitterに近い位置にいると言ってよいかもしれない。

ちなみに余談だが、各大手ブログサービスのイメージは下記のような感じだ(個人的感想)。将来的に運営し続けるなら、間違いなくWordPressが自由で楽しくてよいと思うが、知識ゼロだと少し厳しい。

  • Amebaブログ:幼い。女子多い。広告邪魔。
  • Livedoorブログ:いろいろ無料。総じて普通。
  • はてなブログ:アフィリエイト目的が多い。ネガティブ発言多い。
  • LINEブログ:新しい。スマホ向け。業者多い。
  • WordPress:自由。めんどい。

匿名であることを活用すべし

少し話が逸れたが、結局この「匿名であること」は、非常に大きいメリットを持つ。実名では言えないことを、包み隠さずコメントされるということは、世の中の意見を聞けるということである。それは、上辺のやり取りでは聞けないものだ。

Twitterを見てもわかるとおり、世の中にはどうしようもない人間が山程いて、どうしようもないコメントも腐るほどある。しかし自分の意見と違うから、という理由で受け入れないのだとしたら、それはもったいない。中には、よりブログを面白くするためのヒントもあるかもしれない。

しかしきっと、毎回バズってるようなブログでは、受け入れきれないような残念なコメントも腐るほどあるのだろう。コメントされる方の意識も大切だが、コメントする方も、匿名の本音の中にも、多少のモラルや優しさは持っておいてほしいものである。

 

なんてことを、ほとんどコメントももらっていないこのブログで考えてしまった。

ローソンを効率的に使うサービス

最近、Pontaポイントをよく使う。僕のクレジットカードで貯まるのはリクルートポイントなのだが、Pontaポイントへ変換できるので、ローソンなどでも使える。最近は毎月4000ポイント近く貯まるので、定期的にローソンへ行って散財、というか散ポイントしてくる。いわゆる散ポイ。

ローソンは好きじゃないのだが

僕はコンビニの中では、ローソンはあまり好きではない。3大コンビニで好きなのはセブン、ファミマ、ローソンの順だ。ローソンは、特にお弁当に魅力が足りない気がする。

魅力って何だよと言われると具体的に思いつかないが、なぜかローソンでは「これ食べたい!」と思える弁当に出会わないのである。僕だけだろうか。

最強のサービス「お試し引換券」

しかし、ローソンで唯一気に入ってるものがある。「お試し引換券」だ。非常に少ないポイントでビールやお菓子を購入できるサービスである。

例えば、今だと350mlの「のどごしスペシャルタイム」が60ポイントで買える。「ポイント=円」の価値があるので、60円。水より安くビールが買えるのだ。ちなみに「飲むヨーグルト(もも)」なら50ポイントである。

そんな素晴らしいサービスなのだが、残念ながら先着○名まで、という制約がある。Webで欲しい商品を見つけてローソンに行っても、目ぼしい商品は大体終了している。

Webでは終了したかどうか確認できないから、店舗に行くしかない。そうやってノコノコ店舗に行ったカモに、定価で商品を買わせる算段なのであろう。行くたびに少しイラつかせられる、なんとも素敵なサービスである。

優しさを忘れないで

確かに、売上を伸ばすのであれば、店舗でしか確認できないようにするのは正しい。ユーザーに優しすぎるサービスは、収益に結びつかないこともあるだろう。

ただ、このちょっとしたイラつきをなくせば、皆もっとローソンが好きになるのではないか。あの個性のないタヌキを愛でるのではないか。そのユーザーへの優しさが、一人勝ちしているセブンに勝つためのヒントになるのではないか。

そんなことを考えながら、今日も間抜けなカモとしてローソンに向かう。さて今日は散ポイできるのだろうか。

Mr.Childrenのライブに行ける人

音楽

6月にMr.Childrenのライブに行く予定なのだが、一緒に行く予定だった友達が諸事情で厳しくなってしまった。ヤバい。このままでは1人で行くことになってしまう。東京ドームで1人である。別に1人でも十分楽しめると思うのだが、チケットは手配済みだし、行き帰りや待ち時間ずっと1人というのもどこか寂しい。

一緒にライブに行く人の人選

一緒にライブに行く人の人選はなかなかに難しい。というのも、どれだけアーティストが好きかは、人によって違う。そのレベルが丁度いい人がいい。

ミスチルは昔から好きなアーティストだ。しかし、毎年ツアー必ず行ってます!とかいうレベルではないし、アルバム曲含めて全部愛してます!みたいな感じでもない。新曲やアルバムが出たときに、気に入った曲があれば聴いて、何曲かスマホに入れている程度。

だから、ミスチル愛してる!ライブ行かなきゃ死んじゃう!みたいな人とはきっと波長が合わない。あと、そんなに喋るタイプではないので、いわゆるパーティーピーポーみたいな人も厳しい。

ほどほどにミスチルが好きで、ほどほどに落ち着いていて、そこそこコミュニケーションが取れて、普通に身なりが整っている人が丁度いい。

丁度いい人はどこにいるのか

身近にいい感じの子がいるが、どうにも新婚女子かつ旦那は共通の知り合いであり、行ってくれたとしても今後を考えると難しい。

同行者募集のアプリをチラ見してみると、意識高い人が多そうで、これもまた難しい。困ったものだ。ちゃんと探せば丁度良い人がいるのだろうか。とりあえず適当に身近で探してみるか。あんまり友達多くないけど。

3億8400万円が簡単に奪われる世界

ニュース

現金3億8400万円が強奪されたそうだ。銀行を出たところで奪われたとのこと。場所は福岡天神。人通りも多いだろうに、怪我人も出さずに逃げ切るとは、なかなかのやり手である。とはいえ盗られた人からすれば、たまったもんじゃないが。何かの保険とか下りるのだろうか。

福岡強盗 防犯カメラに白い車 | 2017/4/20(木) 18:45 - Yahoo!ニュース

 

治安が良いが故の油断

日本は治安が良いので、物を盗まれることは少ない。僕は3回財布を落としたことがあるが、2回はしっかり戻ってきたぐらいだ。また、日本では電車内で無防備に寝る人も多いが、海外ではありえない光景だそうだ。そういう意味では、今回の事件も、被害者は盗まれるなんて想像もしていなかったかもしれない。

以前、赤坂で通っていた2階のカフェの窓から、警備付きで荷物を運び出される様子をよく見かけた。ケースからして恐らく現金。毎週決まった曜日だった。細かくは覚えていないが、3人の警備員が、毎回同じような動きをしていた。

彼らもきっと、強盗にあったことはないだろうから、ルーティーンを見極めて奇襲すれば1億ぐらいゲットできたのかもしれない。そんな気がする。手刀とか巧みに使いこなせばイケる気がする。

誰も疑うことのない国にはできないのか

今回も、こうして大金が簡単に盗まれてしまった。これは、逆に治安の良さを表しているとも言える。

治安が悪ければ、簡単に盗まれるような態勢で3億という大金を持ち歩かないだろう。盗まれてしまったのは運が悪かったとしか言えない。誰かに大金を持つことを言いふらしていたのであれば別だが。

安全な日本の中でも、このような悪い奴は少しは存在する。せっかく治安が良いのが売りなんだから、それを極限まで高めて、誰も他人を疑わなくて済むような国にできればいいのだが。

こらからもきっと、悪い人は一定数いるのだろう。人のものを盗んだり、人を騙したりして生きる人は、どんな気持ちで日々生活しているんだろうか。

知らない美女には気をつけて

今日、LINEで知らない美女から友達追加された。名前はえり。誰だろう 。僕の隠れファンだろうか。アイコンを開いてみると、妙にエロい写真が出てきた。

友達を探しているエロい美女が、偶然僕のLINEに迷い込んできたのか。あ〜うん、あるある…わけないだろう。こんなのに騙される方もどうかと思うが、こうして人を平気で騙す人がいることが悲しい。強盗のニュースとスマホに映る美女を通じて、そんなことを感じた。

余談だが、このニュースを見て、以前読んだ「陽気なギャングが地球を回す」という小説を思い出した。人を傷つけずに楽しそうに銀行強盗をする4人組の話だ。面白いので暇な人はぜひ読んでみてほしい。こんな強盗がいたら面白いなと思えてくるだろう。今回のニュースは個人を狙ったみたいなので、銀行強盗ではないが。

大切なのは「今」か「未来」か

人生

人は、未来の利益よりも、目の前にある利益に飛びつきやすい。行動経済学などで言われるが、人は必ずしも合理的な選択をしない。例えば「今すぐ5万円もらえる」or「1年後に7万円もらえる」だと、前者を選ぶ人が多いとかいうやつだ。

優先するのは「今」か「未来」か

経済とは関係なくても、同じように「今を優先する」か「未来を優先する」かによって、人生は大きく変わる。僕らの生活において、そのバランスはすごく重要だ。

その時の感情や欲望に左右されずに選択すれば、大抵の物事はうまくいく。しかしそれが度を超えるとそれはそれで大変なことになる。

優先しすぎには注意

今この瞬間を優先しすぎる人は、犯罪に走る。今目の前にあるものが欲しいから盗んだり、目の前にあるおっぱいに触れたいから揉んだりする。未来のことなど考えない。これは相当ネジが外れてる場合だが、こういう人たちが日々のニュースで報道されている。

もう少しライトなものでは、「働きたくない」と言ってニートになる人もこの傾向が強い人だろう。本当は働いた方が良いのはわかっていても、今の気持ちを優先して仕事をしない。未来を想像しないようにしているのだ。これは人として気持ちはよくわかるのだが、後で困るのは自分である。

逆に、未来を優先しすぎる人は、自分を追い込む。今を犠牲にしてでも未来を大切にしようとする。今が耐えられないほど苦しくなっても頑張り続け、度を超えると限界を迎えて心をやられてしまう。結果として未来にも良くない影響を与えてしまう。

今と未来のバランスを

つまりは、「今」と「未来」のバランスをとってやる必要がある。身近な例では、「今日どこまで残業するか?」とか「どれだけ受験勉強するか?」なんてのも、そのバランスによって変わってくる。少しでもタスクを進めておくか、程々にして休むか。そのさじ加減は人によって違うが、未来を想像しながら、自分を追い込み過ぎない程度にしておく必要がある。

僕は今日も相変わらず、会社に行きたくない。今の気持ちを最優先すれば、今すぐ飛行機にでも乗ってハワイに行き、ワイキキビーチで海を眺めながら鼻歌でも歌って過ごすだろう。しかし現実は働かなければならない。今ハワイに行ったら困る未来が待っているからだ。

「今この瞬間だけを見て生きよう」のような言葉を聞くことがあるが、それは結局のところ自分のやりたいことをやって生きている人にしか通用しない。大抵の人は、未来を見据えて、今の気持ちを抑えながら過ごしている。だからと言って何をするわけでもないが。

力ずくで何とかしようとする人

愚痴

世の中には、納得いかないものが山ほどある。最近思うのは電車の座席の幅である。人が最も幅を取る部位は肩幅なのに、電車の座席は男性の平均肩幅より狭いのだ。いやおかしいでしょ。なんなのコレ。

電車の座席は肩幅よりも狭い謎

通勤電車の乗客なんてほとんどがおっさんなのに、平均肩幅より狭い席を作るなんて、明らかにどうかしている。華奢な女子ばかりが座ることを妄想して作ったのだろうか。なんておめでたい奴なんだ。そんな電車に乗ってみたいわコノヤロウ。

全サラリーマンにこれほど不快感を与える規格を作るなんて、もはや大罪である。電車代返せと。僕の代わりに通勤しろと。隣に華奢な美女座らせろと。そんな悲しい苛立ちを、毎日おっさんの豊満な肩に挟まれながらグッと噛み殺している。

力づくで押しのけてくる傲慢な輩

しかし座席が狭いことで、座るときの態度にはその人の性格が顕著に現れる。既に両隣に人が座っている席は、彼らの肩が出ている分、余計に座席が狭くなるため、後から座る人は大抵遠慮がちに座る。しかし、ビックリするほど傲慢な態度を取る人たちもいる。

座るときに全く隣の人を気にしない図々しい人は、僕の経験上1割ぐらいだろうか。奴らは、座席が狭いことなど全く気にせず、隣の人を押しのけて窮屈に追いやってくる。完全に体重をかけて、隣の席の人の肩を潰してくる奴もいる。

奴らにとっては、ゆったり座る権利を持つのは、「先に座っていた人」ではなく、「他者を力で押しのけた人」なのである。順番なんて関係ない。

ちなみにこれは座席が狭いのが問題なのであって、本来は全員が平等に座れるべきなのだが、事実今は全員がゆったり座れない以上、誰かが我慢しなければならない。

弱肉強食の世界

それを力で強引になんとかする彼らの振る舞いには、正直言って不快感を覚える。しかしこの感覚は人によって違うのだろう。教育とか生活とか文化などが違えば、「他の人を押しのけて座るのなんて普通でしょ?」という人間になるのかもしれない。

例えば海外では電車に乗る際にいちいち並ばないというが、日本人は綺麗に並ぶ。大震災のときも、コンビニに並ぶ日本人の姿が海外でニュースになった。日本では「早く並んだ人に権利がある」ことが当然になっている。根本的に違うのである。

「弱肉強食」という言葉がある。「力ずくで勝てばよい」という考えはそれだ。体がデカければ、力が強ければ、相手を打ち負かせば、大きな権利を得られる。それは自然界では当然である。それが悪いわけではない。とはいえ、それをなるべく平等にするために人間はルールを作ったり、モラルが生まれたりしてきたわけで、「強引に力で何とかする」なんてのはそろそろやめにしてほしい。そんなことを感じている。

つらつらと思いつくままに書いてしまったが、要は僕が言いたいのは、「電車の座席は狭すぎるから広くしてくれ」ということである。あと、おっさんは全体的にもう少し痩せてくれ。30歳超えたおっさんが言うのも何だが。とにかく狭いのだ。

他のみんなは知らないこと

ブログ運営

飛行機はオーバーブッキングすることがあるという事実をご存知だろうか。アナウンサーの安住さんが、ラジオで面白い話をしていたのでご紹介する。

お金あげるから、乗るのを諦めてください

予約数が飛行機の座席数を超える、つまり満席以上になることがある。そんなときは、お金やマイルと引き換えに、搭乗を辞退してくれる人を募集されるそうだ。詳しくはこのあたりを見てみてほしい。

【魔性の館内放送】飛行機がオーバーブッキングした時、人々は… 安住アナの話が秀逸!「まるで落語」「おもしろすぎる」 - Togetterまとめ
安住紳一郎が語る 空港で人々を動揺させる館内放送と対処方法

出張慣れしている人からすれば当然なのかもしれないが、僕は初耳で興味深い話だった。安住さんの話に多少誇張はあるかもしれないが、募集に応じる人に傾向があるのも面白い。僕なら見返りが1万円ではまだ動かない気がする。2万ぐらいになると悩むかな。

この話を聞いて、改めて思ったことがある。「ある人にとっては見慣れたものも、他の人にとっては目新しくて面白いものになりうる」ということだ。

自分にとっては当然な情報にも価値はある

安住アナは何度もこのオーバーブッキングの光景を見ているようだが、僕を含む多くの人にとっては初めて聞く新鮮な情報である。だからこそ、こうしてネットでも話題になっている。

中には「今更何当たり前なこと言ってんだよ」と思う人もいるかもしれないが、実際は「へぇ〜知らなかった!」という意見がほとんどなのである。

昨日のエントリーにも書いたが、低品質な情報というものの中には、「ありふれた情報」も含まれると思う。ただ、自分にとってはありふれた情報でも、きっと多くの人には新鮮な情報になるものも存在する。単純に検索しても入手できないけど、自分は知っている何か。それはむしろ大きな価値を持つ。

そのような、個人の経験に基づく、多くの人が知らないことをもっと自分が発信できたら、皆が発信してくれたら、インターネットの世界はさらに便利で価値のあるものになるだろうなと思った。

他の人が知らないこと

僕も、他の人があまりやってない習慣などがあるかな?と考えてみた。例えば、朝カフェだろうか。僕は割と平日の朝は早い。ほぼ開店直後に会社近くのカフェに行き、1時間ぐらいダラダラする。大抵スマホをいじってニュースを見るか、本を読むか、漫画を読むか、ブログを書くかのどれかである。

何か特別なことがあるわけではないが、少し面白いなと思うのは、朝早い時間は人が少ない分、多くの人が毎朝同じ動きをするということだ。多くの人が同じ席に座り、同じものを食べ、同じことをして、同じ時間に立ち上がって出ていく。いわゆるルーティーンが出来上がっている。

1週間もすれば、大体の人の動きが読めてくるだろう。あの人はそろそろ店を出るとか、あの人はこの時間にトイレに行くとか。正直、そんなルーティーンの中でカバンを放置したりするのは危険だなぁとかいう気もするのだが。まぁ早朝からカフェに行く人に、カバンを盗るような人はいないか。

人が少ないところ、干渉し合わない場では、多くの人が同じ動きをする。なんていうありきたりな話になってしまったのでもう少し何か情報を加えたいところだが、そろそろ「仕事に行く」という気の乗らないルーティーンをこなす必要があるので、今日はこのへんで。