読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waramarogu’s blog

心を揺さぶられた経験と思いを、皆さんに伝えたい

好きなことがない人

他の人に負けないくらいの「好きなこと」が明確にない人はどれ程いるのだろう。僕にはそこまで好きなことがない。

好きなことだけして生きていく時代へ

一般レベルで好きなものは色々ある。音楽、テレビ、漫画、映画、ゲーム、スポーツ、旅行、ブログなどなど、どれもそこそこ好きだ。

もちろん生理的欲求の、食べること、寝ること、女子とイチャつくことも大好きだ。でも他の人と比べて飛び抜けるほど好きなのか?というと、そうでもない気がする。

最近、「これからの時代、好きなことだけして生きていく人が増えていく」という話をよく聞く。時代の先を読む経営者や技術者などが言っているくらいだし、間違ってはいないのだろう。歴史やテクノロジーの流れ的にも、そうなるのが自然にも思える。もう少し時間は掛かるだろうけど。

誰にも負けない「好きなこと」

もしそうなったとき、僕は何をして生きていこうか。

今の仕事はそんなに楽しくもないし続けはしないだろう。となると、趣味に生きたり、好きなことに関連する仕事をするのか。だとすれば何をするのか。それがピンときていない。

別にそれがマズいとは思っていない。その時その時で気になること、楽しそうに思えることをやっていれば人生は十分楽しい。

でも、「とにかくこれを極めたんだ!」というものがあると、それを発信したり、仕事に変えたりできるので、より人生が面白くなりそうな気がするのだ。

人生は結果でも数字でもない

僕が尊敬する経営者の言葉で「ビジネスは結果と数字が全てだが、人生は過程と情熱が全て。」というものがある。様々なデータを分析し、検証を重ね、未来を切り開いている優秀な人物でさえ、人生は「結果と数字」ではなく、「過程と情熱だ」と言っているのだ。これは心に来るものがないだろうか。

そういう意味では、ブログは書き手の情熱を注いでいるものが見えるので面白い。その人が本気で好きなものについて語っているブログは、自然と面白くなるものだ。

そうしていろんな人が魂を込めて書いたブログを読みながら、自分も本気で情熱を注げるもの、人生を費やしたいと思えるものを探してみるのもいいかもしれない。