読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waramarogu’s blog

心を揺さぶられた経験と思いを、皆さんに伝えたい

早く帰りたい、ただそれだけ

仕事

もっと心に余裕のある生活を送りたいのだが、平日は毎日仕事に追われている。今日は23時まで会社にいた。時には土日も潰される。毎日終電帰りだった頃からは改善しているが、それでも遅い。

僕にはもう、毎日定時上がりで、8時間寝て、プライベートの時間もしっかり取れて、なんていう素敵な生活はできないのだろうか。

定時帰りの人の多さよ

たまに定時で帰る日は、電車が異様なほどに混んでいる。世間では残業だ過労死だと叫ばれてはいるものの、実際は定時できっちり帰る幸せ者の方が圧倒的に多いのである。

23時帰りの電車なんてスッカスカである。空いている方が嬉しいはずなのに、少し悲しい気持ちになる。

学歴なんて関係ないんだよ

これまでの人生、特に踏み外しもせずまっとうに歩いてきたつもりなのだが、なぜか今では忙しい少数派。そこそこ勉強して、そこそこの大学出てれば楽な人生になるだろうと思っていたが、結局はどんな仕事に就くかで大きく変わるのだ。社会人8年目ぐらいになった今、そんなことをしみじみ感じる。

お金的には比較的余裕のある生活はさせてもらってはいる。しかしこの残業&ストレスがなくなるのであれば、給料が半分になって切り詰めてでも頑張れる気がする。

イザとなれば本気で稼げるアフィリエイトサイト作るのもありだろう。本気で稼ぐには、使ったことないものを他人にオススメするような心無い人間になる必要はあるが。幸か不幸か、そんな人間にはなれる気がしない。

帰ってゼルダしたいんだよ

もう24時を回った。朝5時半に起きるのに、まだ電車の中である。最寄り駅まであと10分。着いたら更にバスにも乗らなくてはならない。睡眠時間は4時間程度になるだろう。この疲れが4時間で取れるだろうか。本当は、19時ぐらいには家に着いて、ひたすらゼルダやって遊び疲れた上で24時には寝たいのに。

なんていう全く中身のないエントリーを書いてしまった。もしかしたらごく一部の人には 共感ぐらいはしてもらえるのかもしれないが、ただの愚痴でしかない。それにしても数多いる定時帰りの人たちは一体どんな仕事をしているのだろうか。