読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わらまろぐ

心に響いた出来事を、世の中へ伝えたい

大切なのは「今」か「未来」か

人は、未来の利益よりも、目の前にある利益に飛びつきやすい。行動経済学などで言われるが、人は必ずしも合理的な選択をしない。例えば「今すぐ5万円もらえる」or「1年後に7万円もらえる」だと、前者を選ぶ人が多いとかいうやつだ。

優先するのは「今」か「未来」か

経済とは関係なくても、同じように「今を優先する」か「未来を優先する」かによって、人生は大きく変わる。僕らの生活において、そのバランスはすごく重要だ。

その時の感情や欲望に左右されずに選択すれば、大抵の物事はうまくいく。しかしそれが度を超えるとそれはそれで大変なことになる。

優先しすぎには注意

今この瞬間を優先しすぎる人は、犯罪に走る。今目の前にあるものが欲しいから盗んだり、目の前にあるおっぱいに触れたいから揉んだりする。未来のことなど考えない。これは相当ネジが外れてる場合だが、こういう人たちが日々のニュースで報道されている。

もう少しライトなものでは、「働きたくない」と言ってニートになる人もこの傾向が強い人だろう。本当は働いた方が良いのはわかっていても、今の気持ちを優先して仕事をしない。未来を想像しないようにしているのだ。これは人として気持ちはよくわかるのだが、後で困るのは自分である。

逆に、未来を優先しすぎる人は、自分を追い込む。今を犠牲にしてでも未来を大切にしようとする。今が耐えられないほど苦しくなっても頑張り続け、度を超えると限界を迎えて心をやられてしまう。結果として未来にも良くない影響を与えてしまう。

今と未来のバランスを

つまりは、「今」と「未来」のバランスをとってやる必要がある。身近な例では、「今日どこまで残業するか?」とか「どれだけ受験勉強するか?」なんてのも、そのバランスによって変わってくる。少しでもタスクを進めておくか、程々にして休むか。そのさじ加減は人によって違うが、未来を想像しながら、自分を追い込み過ぎない程度にしておく必要がある。

僕は今日も相変わらず、会社に行きたくない。今の気持ちを最優先すれば、今すぐ飛行機にでも乗ってハワイに行き、ワイキキビーチで海を眺めながら鼻歌でも歌って過ごすだろう。しかし現実は働かなければならない。今ハワイに行ったら困る未来が待っているからだ。

「今この瞬間だけを見て生きよう」のような言葉を聞くことがあるが、それは結局のところ自分のやりたいことをやって生きている人にしか通用しない。大抵の人は、未来を見据えて、今の気持ちを抑えながら過ごしている。だからと言って何をするわけでもないが。